1. ホーム
  2. 面倒な減価償却計算が不要

面倒な減価償却計算が不要

コピー機

会計処理がラクラク

コピー機のリースはさまざまな理由で活用されていますが、法人税の節税を目的としてコピー機のリースを選択している企業も少なくありません。コピー機を購入した場合に比べて、リースしたほうが費用として処理できる金額が増えるために、結果として納付すべき法人税額が少なくなることがあるためです。また、リースは購入した場合よりも、会計処理が簡単であることを理由に、リースを選んでいる会社もあります。コピー機を購入すると、原則として固定資産として計上した後で、会計期間毎に減価償却計算をしなくてはなりません。しかし、リースの場合には、月々のリース料をそのまま経費にすることができるので、会計上の事務手続きがとても簡単です。

乗り換えが簡単

常に、最新の機能が搭載されたコピー機を使用したい場合は、コピー機のリースを選んでおくと便利です。PCやデジタル複合機のようなデジタル機器は、発売されたばかりの新製品であっても、わずか数年で新たな機能が搭載された新製品が出現し、とたんに陳腐化してしまうことがあります。1台で数十万円、ときには百万円以上もするデジタル機器を、頻繁に買い換えるというのは現実的ではありません。しかし、リースなら新しい製品が出たら、すぐに新製品に乗り換えることができます。業種によっては、業務の都合や他社との競争のため、常に最新のOA機器を設置しておかなくてはならない会社もありますが、新製品が登場するたびに買い換えるよりも、リースを活用して賢く経費削減に努めましょう。

Copyright© 2017 3Dスキャナーを使って経費削減|立体的なデータ作りに最適 All Rights Reserved.